ブログトップ

Coccinelle * しあわせのイラストノート *

yucoccino.exblog.jp

ぜいたく


c0201497_18582997.jpg


ずっと、自分に自信が持てませんでした。
過ごしてきた環境もありますが、
美人じゃない、スタイルが良くない、頭がよくない、
お話が面白くない・・・などなど。
コンプレックスに縛られて、それにとらわれて
何もできない自分がいました。




ちょっと不謹慎かもしれませんが、ふと
「もし、自分の目がある日とつぜん見えなくなったら?
足が、突然無くなったら?何らかの事故で、寝たきりになってしまったら?
その時自分はどう思うのだろう」という思いが頭をよぎったのです。

そして、もし何らかの奇跡で、それらが無事に自分に戻ったら、
きっとどんなに不細工な目でも足でも手でも、とても愛おしく思えるのだろうなあ、
と思いました。

どんなに不格好な目でも、見たいものがきちんと見えるだけで幸せ。
どんなに不格好な足でも、行きたいところにきちんと歩いていけるだけで幸せ。
どんなに頭が悪くても、普通に過ごしていけるだけで幸せ。
お話がつまらなくっても、人と普通に会話ができるだけで幸せ。

だから、最初に感じたコンプレックスなんて、あまりにも贅沢すぎる悩みなのだなあ、
と思いました。

悩む暇があったら、もっと自分の持ってる全てを大事にして、
人生を謳歌する方がいいのだなあ。
せっかく健康に今まで過ごしてきているのに、それを大いに活用しないなんて、
あまりにもったいないなあ。

やりたいことを、やりつくす人生が、私にもできるはずなんですね。
[PR]
by yucoccino | 2010-04-22 18:42 | 氣づき
<< 1週間ほどお休みいたします。 レッドデータ・アニマル >>