ブログトップ

Coccinelle * しあわせのイラストノート *

yucoccino.exblog.jp

テレビのチカラ

c0201497_23534710.jpg


突然ですが実は、うちにはテレビがありません。
今年の3月からテレビなし生活です。

何故そうなったかはまた、別の機会にお話をさせて頂くことにいたします。

先日所用で泊まったホテルで、久しぶりにテレビを観る機会がありました。





朝の情報番組をみていてふと、2年ほど前に、夫のしいちゃんと丸の内を歩いているときに、とある朝の情報番組のインタビューに答えた事を思い出しました。
ちょうどクリスマスシーズンで、「あなたが好きなクリスマスソングベスト10」という内容でした。

c0201497_2356852.jpg


夫のしいちゃんが、好きな曲とその理由を答えました。

ところが思っていた内容ではなかったらしく、インタビュアーのスタッフの方が微妙な顔で「う~ん・・・」というと、「もう一回いいですか?」と、おもむろにテロップを取り出しました。
そこには、クリスマスのド定番な(ワム! や 山下達郎さんなど)曲が10曲ほどずらり。

「この中から好きな曲を選んで、その理由も答えていただけますか?」と。

いや、この中に特に好きな曲ってないし。
ましてや理由なんてないんだけど・・・と心の中でツッコミを入れている横で、しいちゃんが(あえてこれかな?という)好きな曲と、理由を答えていました。

なんとかテレビ的に使える内容だったらしく、OKが出て、解放されました。

解放されてぷらぷらしながら考えました。
あれは、しいちゃんが本当に好きな曲が伝わるわけではないんだよな、「あえて」選んだ曲が、好きな曲だと伝わるのだよな、と。

テレビっていうのは、こういう感じで「使える内容」を作り上げて、伝えているのかなあと感じました。

テレビに出ているタレントさんやキャスターが、「テレビ的に使える」事を話す。
お仕事だから。
でも、観ている側は、仕事で言っているのだろうなんて認識がないので、彼らの真実だと思いこむ。
どんどん、「本当の」真実とかけ離れていく。

もちろん、ニュースの情報だって、例外ではないですよね。
制作側、テレビ局側に、都合のいいニュースだけ伝えられる。
もしくは、都合のいい解釈で伝えられる。

そういえば、テレビを観るときって、入ってきた情報を自分なりに考えることなく、疑うことなく「そのまま」頭に入れてしまっているなあと、気が付きました。
テレビの伝える「都合のいい情報」が、真実だと思い込んでいたのですね。

テレビの都合のいいように、自分が振り回されている。
そう思うと、なんだかぞ~っとしてきました。

情報をなんでも「そのまま」信じるのではなく、いったん自分の頭で考えてみる。
当たり前のことなんだけれど、いつからかそういう概念が無くなっていった。

特にこれからの情報時代、そういう習慣を身につけていかないと、情報に振り回される人生になっちゃうのかなと危機感を感じました。

あ、ちなみに、インタビューはちゃんとオンエアされましたよ♪
・・・ほんの一瞬でしたが。
[PR]
by yucoccino | 2010-11-01 23:46 | つぶやき
<< 新年の抱負 夏の一ページ >>